Biz-Cube consulting

HOME > セミナー > 創業者の2人が語る ニューノーマル時代の店舗経営

セミナー概要

コロナ感染症対策により、対面サービスを行う店舗型経営を取り巻く環境は大きく変化しました。
入店者数や営業時間の制限、消毒・検温・間仕切り等の設備導入など、様々な制約条件が増えました。

助成・補助・給付金や融資によって、急場は凌げているものの、長引くコロナ環境での生き残り策やアフターコロナでの経営手法を模索している経営者の方々のお悩み事をよく聞きます。

そこで、アフターコロナ時代の店舗経営2.0をテーマに、コロナ禍でも拡大を続けている経営や新たな経営に挑戦している経営者や専門家をお招きし、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の店舗経営についてパネルディスカッションをします。
体験談や実践例を交えて成功の要諦に迫ります。

プログラム

  • コロナ禍でもリピート優良客を創る秘訣
  • コロナ前と変わる省人化オペレーション
  • 業務効率を上げるDX化の具体例
  • チャレンジし続ける組織の作り方
  • 筋肉質経営のための経営資源の最適配分

※パネル・ディスカッションの進行により異なる場合があります。

こんな方にオススメ

  • 今さら聞けない「店舗経営の要諦」を改めて理解したい経営者
  • コロナ禍の生き残り策を検討されている店舗経営者
  • アフターコロナの店舗経営を検討されている経営者
  • 新たな店舗経営に挑戦している経営者

開催日時

  • 2021年7月21日(水)16:00~17:30
  • 2021年8月4日(水)16:00~17:30 (7月21日の録画配信)

パネリスト紹介(順不同)

パネリスト栗原 幹雄 氏

フライドグリーントマト株式会社 代表取締役
株式会社グリーンズプラネットオペレーションズ 代表取締役

1992年〈フレッシュネスバーガー〉1号店を渋谷区富ヶ谷で創業。お馴染みのブランドに成長させた。 競争の激しい飲食業界において、メジャーブランドを世に広めた類希な起業家である。
また2013年には フードコート内飲食店〈一口茶屋〉等を展開するグリーンズプラネット社の経営にも携わり、ブランド再生の請負人としての顔も持つ。
これらの成功の背景には消費者指向の分散化が加速する現代における〈個を中心としたマーケティング〉〈ゾーンを中心としたインキュベーション〉とそれを実現するための独自のオペレーションシステムがある。
講演では、創業~成長事例を中心に起業体験、実践してきた経営手法の考え方やその舞台裏、独自のマーケティング理論を伝える。

パネリスト田川 翔 氏

株式会社ギフト 代表取締役

高校卒業後、横浜のラーメン店でラーメンづくりと接客のノウハウを学ぶ。
6年間の修業期間を経て、2008年に「横浜家系ラーメン 町田商店」を開業。
2009年には株式会社町田商店(現・株式会社ギフト)を設立。
町田商店を中心として次々に事業を展開し、2016年にはニューヨークの「Ramen Lab」への期間限定での出店を皮切りとして海外事業をスタート。同年、シンガポールに直営店第一号をオープン。
2018年、東京証券取引所マザーズに株式を上場。2020年、東京証券取引所市場第一部への上場市場変更。
国内直営店100店舗オープンを達成。(横浜家系ラーメン 町田商店岩切店)
2021年現在で、国内126店舗、海外3店舗の直営店を展開中。
急成長企業として、飲食業界のみならず幅広い分野から注目を集めている。

MC大関 暁夫 氏

株式会社スタジオ02 代表取締役

東北大学卒。横浜銀行出身。61歳。
1984年横浜銀行に入り現場および現場指導の他、新聞記者経験もある異色の銀行マンとして活躍。全銀協出向時はいわゆるMOF担を兼務し、現メガバンクトップなどと行動を共にして政官界との調整役を務めた。その後は管理職として経営企画、営業企画部門を歴任。2006年支店長職をひと区切りとして円満退社した。独立後は上場ベンチャー企業役員などとして活躍。現在は金融機関、上場企業、ベンチャー企業のアドバイザリーをする傍ら、出身の有名超進学校人脈や銀行時代の官民有力人脈を駆使した情報通企業アナリストとして、メディア執筆者やコメンテーターを務めている。

主催

ビズキューブ・コンサルティング株式会社

WEBセミナーの参加申し込み

以下のフォームをご入力の上、「送信する」ボタンを押してください。

複数名にてご参加の場合、1名毎にお申し込みが必要となります。ご注意願います。

当社と同業の方はご遠慮ください。