Biz-Cube consulting

HOME > セミナー > 改革のカリスマ経営者が 大学教授(ビジネスモデルのエキスパート)と語る 変化に強い店舗経営

こちらのセミナーは終了しました。開催予定のセミナー一覧はこちらからご確認ください。

セミナー概要

コロナ禍で消費者行動が大きく変化し、企業も経営戦略の転換を推進しています。
今回は「変化に強い店舗経営」をテーマに、改革を断行し続けるカリスマ経営者とビジネスモデルのエキスパートでテレビなどメディアにも多数出演されている、兵庫県立大学商経学部教授のお二人を招き、実業家と学者という異なる視点での対談です。
進化する経営に必要な要素や収益化戦略など、コロナ禍を勝ち抜く経営戦略を軸に語っていただきます。

プログラム

  • 変化に強い店舗経営
  • 独自の価値の追求
  • ビジネスモデルの変化に関する注目点
  • 川上昌直氏からみた消費マーケットの未来

※進行により異なる場合があります。

こんな方にオススメ

  • 新たな視点での店舗経営のヒントが欲しい
  • 既存のビジネスモデルを進化させる着眼点が知りたい
  • 有事でも仕掛けていく経営のヒントが欲しい
  • 店舗経営のディフェンス・オフェンス策を知りたい

開催日時

  • 2021年9月22日(水)16:00~17:30

パネリスト紹介

パネリスト 法師人ほうしと 尚史たかし 氏

元気寿司株式会社 代表取締役社長

1968年4月15日生まれ。栃木県出身。
1987年3月「元気寿司」入社。
同社取締役、同社常務取締役を経て2013年4月、同社代表取締役社長に就任。
元気寿司の親会社でもある、株式会社神明ホールディングスの取締役も兼務。
「元気寿司」「魚べい」「千両」の3ブランドを展開、国内で165店舗、海外で200店舗(※)の寿司レストランを運営している。
※2021年8月31日現在

パネリスト 川上かわかみ 昌直まさなお 氏

兵庫県立大学 国際商経学部 教授

博士(経営学)。1974年大阪生まれ。
2012年兵庫県立大学教授。専門はビジネスモデル、マネタイズ。「現場で使えるビジネスモデル」を体系づけ、実際の企業で「臨床」までを行う実践派の経営学者。著書に、継続課金モデルの実態を解明した『つながりの創りかた』(東洋経済新報社)や『マネタイズ戦略』(ダイヤモンド社)など多数。

MC 大関おおぜき 暁夫あけお 氏

株式会社スタジオ02 代表取締役

東北大学卒。横浜銀行出身。61歳。
1984年横浜銀行に入り現場および現場指導の他、新聞記者経験もある異色の銀行マンとして活躍。全銀協出向時はいわゆるMOF担を兼務し、現メガバンクトップなどと行動を共にして政官界との調整役を務めた。その後は管理職として経営企画、営業企画部門を歴任。2006年支店長職をひと区切りとして円満退社した。独立後は上場ベンチャー企業役員などとして活躍。現在は金融機関、上場企業、ベンチャー企業のアドバイザリーをする傍ら、出身の有名超進学校人脈や銀行時代の官民有力人脈を駆使した情報通企業アナリストとして、メディア執筆者やコメンテーターを務めている。

主催

ビズキューブ・コンサルティング株式会社

WEBセミナーの参加申し込み

以下のフォームをご入力の上、「送信する」ボタンを押してください。

複数名にてご参加の場合、1名毎にお申し込みが必要となります。ご注意願います。

当社と同業の方はご遠慮ください。

お申し込み受付は
終了しています。