店舗運営・家賃削減・物件関連の経営課題解決ならビズキューブ・コンサルティング株式会社 セミナー 原田泳幸氏が語る DXはあくまで手段!ブレない骨太な戦略人事とは

こちらのセミナーは終了しました。開催予定のセミナー一覧はこちらからご確認ください。

セミナー振り返り

原田氏によれば、経営は「人事7割・財務3割」のバランスで行うべきとのことです。というのも、多くの企業の経営に携わった経験から、サービス業において「従業員満足度の向上」「離職率の低下」と「顧客満足度の向上」「既存店舗の売上増」には相関関係があることがわかったためだとか。そして、顧客や従業員の満足度を向上させるために行うべき施策は「年功序列の廃止」「ジョブポスティング」「成果報酬給与制度」「残業ゼロ」「女性管理職の登用」の5つであるとし、具体的な制度設計の方法についてレクチャーいただきました。

セミナー終盤では、原田氏自身の体験と知識に基づいた「原田語録」のコーナーが始まりました。中でも「非常識を常識にすることがビジネス」という言葉は、マクドナルドで100円コーヒーを始めた原田氏だからこそ説得力がありました。実は100円コーヒーの導入前は社内でも「非常識」な価格だと反対意見が多い状態でしたが、開始したところ爆発的に売れて客数が増加。現在ではコンビニエンスストア各社まで同価格帯のコーヒーを販売するようになっており、かつての非常識が「常識」に変わった例といえるでしょう。

なお、今回のセミナーの参加者の満足度は非常に高く、約97.5%の方に「大変参考になった」「参考になった」と回答いただきました。またアンケートでは、参加者の方が実際に取り組んでいるコスト削減策もお聞きしています。特に多かった施策は「仕入れ・調達コスト(購買・物流)の削減」「人材育成費用の効率化」「既存店の賃料適正化」の3つでした。

弊社ではコスト削減の相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

セミナー概要

激しい市場変化、押し寄せるDXの波。経営戦略の変化にもブレない骨太な戦略人事とは…。アナログにも聞こえる「人事が7割」その真髄に迫ります。
本セミナーでは、原田氏が21年以上のプロ経営者としての、経験、実践例、さらには実際に起きたリスク案件を交えて、経営者のみなさまに語りかけます。

プログラム

  • 組織作りの基本的理念(人ありき組織ではない)
  • 店舗非正規社員の採用と離職率低下
  • 会社業績と個人評価の組み合わせとは
  • 評価の考え方(80:100のゲーム)

※進行により異なる場合があります。

こんな方にオススメ

  • 未来の組織戦略のヒントが欲しい
  • 店舗における採用と離職防止のヒントが欲しい
  • 時代に対応する新たな評価の考え方を知りたい
  • セールスコンテストの組み立て方を知りたい

開催日時

  • 2021年10月6日(水)16:30~18:00

登壇者紹介

原田はらだ 泳幸えいこう 氏

株式会社原田泳幸事務所 代表取締役

1948年生まれ、長崎県佐世保市出身。
1997年、アップルコンピュータ株式会社代表取締役社長兼米国アップルコンピュータ副社長に就任。
2004年、日本マクドナルドホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長兼CEOに就任。
2013年、ソニー株式会社社外取締役に就任。
2014年、ベネッセホールディングス会長兼社長に就任。
2019年、株式会社ゴンチャジャパン代表取締役兼社長兼会長兼CEOに就任。
現在は、株式会社原田泳幸事務所代表取締役をはじめ、複数の会社で顧問を務め、経営者育成事業に取り組んでいる。

主催

ビズキューブ・コンサルティング株式会社

WEBセミナーの参加申し込み

以下のフォームをご入力の上、「送信する」ボタンを押してください。

複数名にてご参加の場合、1名毎にお申し込みが必要となります。ご注意願います。

当社と同業の方はご遠慮ください。

お申し込み受付は
終了しています。