店舗運営・家賃削減・物件関連の経営課題解決ならビズキューブ・コンサルティング株式会社 コラム 店舗経営 多店舗展開を行うメリット・デメリット│成功のためのポイントは?

多店舗展開を行うメリット・デメリット│成功のためのポイントは?

こちらの記事では、多数の店舗運営に携わる経営者や担当者様へ向けて、多店舗展開のメリット・デメリットから成功のポイントまでお伝えします。多店舗展開は、主に飲食業・小売業・サービス業などの店舗型ビジネスで採用されている手法です。施策を成功させれば売上向上や安定経営が期待できますが、リスクや注意点についても十分に理解し、事前に対策を講じることが大切です。ご紹介する情報を今後の店舗経営にお役立てください。

多店舗展開の基礎知識

多店舗展開は、店舗の成長戦略の一つです。主に飲食業・小売業・サービス業などでは、新規出店により市場規模を広げる戦略が採用されています。初めに、多店舗展開の基本を解説します。

多店舗展開とは

多店舗展開とは、店舗型ビジネスで複数店舗を展開することです。店舗数を拡大して多店舗化すると、既存店舗を単独で経営する場合よりも多くの売上を得られる可能性があります。一般的に、多店舗展開には単独店舗の経営とは異なるノウハウが求められます。

多店舗展開の種類

直営店方式

企業がチェーン店を直接運営する方式のことです。チェーン店とは、同一ブランドで多店舗展開している店のことを指します。直営店方式では、店舗の設備投資から従業員の採用まで、すべてチェーンの本部となる企業が行う仕組みです。

フランチャイズ方式

フランチャイズチェーンの加盟店(フランチャイジー)が、独立して店舗を経営する方式のことです。加盟店はフランチャイズ展開にあたり、チェーン共通の商品やサービスを提供できる権利を得られます。その代わりに、フランチャイズ本部企業(フランチャイザー)へ加盟金や保証金などを支払う仕組みとなっています。

多店舗展開のメリット・デメリット

多店舗展開には、主に以下のようなメリット・デメリットがあると考えられています。多数の店舗運営に携わる経営者や担当者はメリット・デメリットの双方を把握し、多店舗展開ならではの強みを生かした経営を実現することが大切です。

多店舗展開のメリット

商圏内での認知度アップが期待できる

多店舗展開を特定の範囲で集中して行う(出店する)ことで、自社の店舗が多くの顧客の目に留まりやすくなります。「ドミナント戦略」によって認知度を高められるのも、多店舗展開の強みです。

ドミナント戦略とは

特定のエリアで多店舗展開を行い、トップシェアを狙う手法を指します。地域に住んでいる顧客をターゲットにブランディングを強化できるのが特徴です。知名度や集客力や高めて、売上アップにつなげられます。

ドミナント戦略の基礎知識|メリット・デメリットと成功のポイント
ドミナント戦略の基礎知識|メリット・デメリットと成功のポイント

スケールメリットによりコストを削減できる

多店舗展開では、複数店舗が一括で商品を仕入れることにより、大量購入が可能となります。一般的に、大量購入は値引きの対象となります。割引が適用されれば、商品の仕入れ値が下がり、仕入れコスト削減につながるのがメリットです。また、エリア内に多くの店舗を展開することで、商品の配送効率を高め、コスト削減につなげられます。

店舗ビジネスのリスク分散につながる

多店舗展開により店舗間で支え合いができる状態となるため、経営のリスクヘッジがしやすくなります。万が一、特定の店舗が赤字に陥った場合も、ほかの店舗の収益でカバーしながら経営を続けることが可能です。1店舗のみを経営するケースと比べて、経営難による倒産のリスクを避けやすくなります。

多店舗展開のデメリット

店舗運営にかかる経費が増加する

多店舗展開で店舗数が増えると、ビジネス全体の経費負担が増加します。具体的には、賃料・設備費・人件費・税金などです。そのため、出店する際は計画的に資金調達を行い、利用可能な支援制度なども確認しておくと良いでしょう。

店舗の家賃相場とは?適正化でコストを削減|問題点や家賃の再構成要素について解説
店舗の家賃相場とは?適正化でコストを削減|問題点や家賃の再構成要素について解説

人材の確保・管理に負担が生じやすい

多店舗展開により、人材不足やシフト管理の複雑化が起こる可能性があります。店舗同士でスタッフを派遣する際は、交通費の負担が発生するケースがあり、社員の都合によっては必ずしも対応できるとは限りません。人材育成が十分に行われていなければ、全店舗でスタッフが不足するおそれがあります。

業務の標準化が必要になる

多店舗展開で各店舗のサービス品質を均一に保つには、マネジメントや店舗業務の標準化が求められます。店長やオーナー向けの店舗管理マニュアルや、現場向けの業務・レジ・接客マニュアルなどを作成する必要があります。マニュアル化にあたり、時間と手間が発生する点に留意しましょう。

多店舗展開を成功へ導くポイント

最後に、多店舗展開を成功へ導くポイントをお伝えします。多数の店舗運営に携わる経営者・担当者の方は、ぜひ参考にお役立てください。

1店舗目の経営状況に応じて、2店舗目以降の出店を検討する

多店舗展開に適したタイミングは、1店舗目が安定的に利益を上げている段階です。1店舗目が十分な業績を上げられていない場合は、出店の見送りも視野に入れると良いでしょう。2店舗目の運営に失敗すると、1店舗目の経営も続けられなくなるリスクがあるためです。出店時には、金融機関など第三者による経営状況の評価も活用できます。たとえば、開業資金の融資を受ける際の評価を出店の判断材料とする方法もあります。

出店戦略の立案や準備を入念に行う

2店舗目以降の出店時は詳細な出店戦略を立て、準備を怠らないことが重要です。十分な資金を用意できるか、立地条件は店舗運営に適しているか、人材を確保できるかなどをチェックしましょう。また、複数の店舗でサービスの品質を高く保つため、事前にマニュアルを用意します。多店舗展開にあたり、専門のコンサルティング会社を利用して経営管理のアドバイスを受けるのもおすすめです。

店舗の成功要因を分析する

新規出店で売上額や利益額などの目標を達成したら、詳細なデータ分析を行い、成功要因を明らかにしましょう。要因として考えられるのは、商品やサービスの特長、店舗の立地、コンセプトなどです。成功要因の分析では、「重要成功要因(KFS)」という指標が用いられ、多数の考えられる要因を分析する手法が代表的です。成功要因の見極めは、今後の新規出店の成功にも寄与します。

撤退ラインを決めておく

店舗開業後に赤字が続いたり、競合店の台頭によりエリアでの運営が困難になったりしたら、状況がさらに悪化する前に店舗の撤退を判断する必要があります。そのためにも、事前に店舗の撤退のボーダーラインを決めておくことが重要です。

多店舗展開を成功へ導くポイントは「家賃の削減」

多店舗展開を行う上では、売上をあげるための出店戦略が非常に重要になります。
しかし売上を昨対比で増加させ続けることは難しく、利益を出すためにはいかにコストを抑えるかも重要になってきます。

店舗運営の場合は、固定費の中でも大きな割合を占める地代家賃(=賃料)を抑えられるかがポイントです。昨今の経済状況などの影響もあり、賃料の動向も変動しております。

ビズキューブでは、『賃料動向レポート 2022年度上期版』を無料公開しております。
不動産鑑定でも採用される指標である「公示地価」「消費者物価指数」「第3次産業活動指数」の動きが、不動産相場や賃貸人の心理に、どのような影響をもたらすのか。不動産コンサルティングファームならではの視点で解説しております。ぜひお手元でご覧ください。

記事検索

関連記事

人気記事

まだデータがありません。

新着記事

Biz-Cubeのサービス